規格統一されたデザインや、あまりにも多くの電子部品によって組み立てられた現代の車と対極に位置する純英国血統のアンバサダーは、まるで時の雪塊に隠れたいたかのように今日までひっそりと静かに息ついていた。そしてその歴史は1946年にまで遡る。第二次世界大戦終結後、<ナフィールド社>は英国本土で、医師、弁護士、教師など知的職業に携わる人々と、それらの家族を対象としたファミリーカー<モーリス・オックスフォード>シリーズの販売を開始する。この車は採光に富んだ室内と、スムースな乗り心地、耐久性を十分に考慮した設計で一躍脚光を浴びることとなる。そして当時の副社長だった、サー・マイルス・トーマスは、この車の海外販売へと動き出す。その先は英国と密接な関係にあったインドが選ばれ、当時最も富を有していたウエスト・ベンガルに本拠を置くビルラ財閥の<ヒンダスタン・モータース>との提携を決定したのである。1946年よりオックスフォードの実質的販売がインドで開始され、1959年より、現在のアンバサダーのベーススタイルが登場する。このタイプはオックスフォード・シリーズVが基本となっている。搭載されていたエンジンはBシリーズの1489cc・OHVであった。面白いことにアンバサダーは、1949年から59年のシリーズVまでの約10年間、すべて英国よりのキットで組み立てられていた。その後BMCはピニンファリーナへの道を歩むこととなるのだが、<ヒンダスタン・モータース>に対しては現状のままパーツ供給を継続していたのである。このことはアンバサダーがモーリス・オックスフォードの模倣ではなく、そのものという紛れもない事実であり、英国生産がオックスフォード、インド生産がアンバサダーという点しか相違がないのである。英国でのモーリス・オックスフォードの生産が終了した後も、純粋無垢にその姿を残したまま、半世紀を経て現在も新車として販売されているアンバサダーは自動車史上類を見ない車だと言えよう。


The History of The AMBASSADOR


















































HOME